FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  気になる人 >  澁澤榮一(3)

    澁澤榮一(3)



    澁澤榮一の「論語と算盤」より

    『士魂商才』
    菅原道真は「和魂漢才」日本独自の精神と中国の学問をあわせ持つ、
    ということを言った。

    これは、日本人たるもの、何より日本に特有の大和魂を基盤としなければ
    ならない。
    しかし、中国は国も古く、文化もはやくに開けている。
    孔子や孟子のような聖人・賢者を排出しているため、政治、文学などに
    おいて日本より一日の長がある。
    よって、中国文化遺産や学問もあわせて修得し、才能を養わなければ
    ならない。


    これに対して澁澤榮一は「士魂商才」武士の精神と、商人の才覚を
    あわせ持つことを提唱している。

    和魂漢才とおなじような意味で、人の世の中で自立していくためには
    武士のような精神が必要である。しかし精神に偏って商才がなければ
    経済の上から自滅を招くようになる。
    よって士魂と商才がなければならない。
    関連記事

    [ 2011年02月24日 20:10 ] カテゴリ:気になる人 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク