記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  医療関連 >  スキルス性胃がんの発見方法

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    スキルス性胃がんの発見方法



    スキルス性胃がんは無症状のことが多く、内視鏡検査でも見つかりにくい
    とされます。

    スキルス性胃がんは、胃の粘膜の内側すなわち壁の中を這うように進行。
    早期の段階では胃の粘膜に病変は見られないので、消化機能にも悪影響
    を及ぼさず、痛みなどの自覚症状がない。
    胃の粘膜は正常なので、内視鏡検査では発見できない。
    自覚症状が出て受診したときには、相当進行しているケースが多いこと
    で知られています。

    スキルス性胃がんは比較的若い女性に発症しやすいとされている。
    実際に、20代から40代の女性での発症率は群を抜いているそうです。

    経験のある医者でなければ発見が難しく。バリウム造影のレントゲンの
    方がよくわかることが多いとか。

    CT検査やPET検査を受けることで、早期発見が可能になるそうです。


    一般のがんのように数年がかりで腫瘍が増えるのではなく、数カ月で
    胃の外側の壁を破り、リンパ節や腹膜、肝臓などの他臓器へと広がる。

    塩分の多い食事をしていると、塩によって胃の粘液が失われ、粘膜が
    ダメージを受けやすくなります。
    粘膜の炎症によって破壊と再生を繰り返すうちに、がん化した細胞が
    生じやすくなると言われています。

    胃の中に生息するピロリ菌は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍だけでなく胃がんの
    リスクファクターと言われています。
    親から子へと感染することも珍しくなく、家族や親族に胃がんの人がいる場合は、
    ピロリ菌検査で有無を確認し、除菌をすることが胃がん予防になるそうです。

    予防方法としては、塩分を控えた食生活とピロリ菌の除菌が効果的のようです。
    関連記事

    [ 2012年05月18日 18:13 ] カテゴリ:医療関連 | TB(1) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    まとめtyaiました【スキルス性胃がんの発見方法】
    スキルス性胃がんは無症状のことが多く、内視鏡検査でも見つかりにくいとされます。スキルス性胃がんは、胃の粘膜の内側すなわち壁の中を這うように進行。早期の段階では胃の粘膜に病変は見られないので、消化機能にも悪影響を及ぼさず、痛みなどの自覚症状がない。胃の粘...
    [2012/05/19 05:04] まとめwoネタ速neo
    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。