記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  物理学 >  電離層ホールと津波

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    電離層ホールと津波



    「変動量から津波の規模を予測できれば、津波の早期避難の呼びかけに役立てられる」

    電離層の異変は、大津波の早期検出と避難指示に役立つ可能性があるそうだ。

    東日本大震災発生から約30分後、津波発生源上空の電離層(高度80~300キロ)
    を構成する電子の数が通常より30%減る異常現象が起きていた。
    北海道大学の柿並義宏・研究員(超高層大気物理学)と東京学芸大学の鴨川仁助教(大気電気学)
    のチームが発見した。


    この異常現象を「電離層ホール(穴)」と命名し、米地球物理学会誌に発表。
    チームは、全地球測位システム(GPS)に使われる電離層と地上の間を
    行き来する電波のデータを分析。
    その結果、地震と津波が発生した9分後の昨年3月11日午後2時55分から、
    津波の発生源のほぼ真上(北緯142度、東経38度)で電子の数が減少し始めたことが分かった。
    午後3時10分に減少率は最大30%に達し、徐々に元に戻った。
    一方、その周辺でも数が増減し、最終的に変動していた範囲は、津波発生域とほぼ同じ
    東西約300キロに及んだ。
    変動の原因について、海水面が上下したことで音波が発生し、電子の密度に濃淡が生じたため
    と突き止めた。同様の現象は、東日本大震災と同じマグニチュード9級だったスマトラ沖大地震
    (04年)やチリ大地震(10年)でも確認した。

    東北地方沿岸に、津波が到来し始めたのは11日午後3時過ぎ。
    電離層異変による津波検出から数分以上が経過している。柿並さんは
    関連記事

    [ 2012年06月12日 05:58 ] カテゴリ:物理学 | TB(1) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    まとめtyaiました【電離層ホールと津波】
    「変動量から津波の規模を予測できれば、津波の早期避難の呼びかけに役立てられる」電離層の異変は、大津波の早期検出と避難指示に役立つ可能性があるそうだ。東日本大震災発生から約30分後、津波発生源上空の電離層(高度80~300キロ)を構成する電子の数が通常よ...
    [2012/06/13 12:55] まとめwoネタ速neo
    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。