記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  気になる人 >  辻村深月 「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」のドラマが製作中止に

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    辻村深月 「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」のドラマが製作中止に



    ミステリー作家、辻村深月(みづき)さん(32)の小説「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」
    (2009年出版)。
    辻村さんの出身地・山梨県を舞台に、母と娘の確執などを描いた作品で、
    直木賞候補にも選ばれている。長澤は娘役で主演するはずだったという。



    辻村 深月さん
    日本の小説家。山梨県笛吹市出身。
    山梨学院大学附属高等学校から千葉大学教育学部卒。
    2004年「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。
    2010年、『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』が第142回直木三十五賞候補及び
        第31回吉川英治文学新人賞候補となった。
    2011年、『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞受賞。
        『オーダーメイド殺人クラブ』で第145回直木三十五賞候補、
        第25回山本周五郎賞候補。

    今回の騒動は、講談社とNHKの間で契約書は作成されていなかったが、NHKは
    「担当者間の口頭の了承があり、契約は成立している」と主張。
    すでに支出した制作費や出演者のキャンセル料などのほか
    「撮影開始直前の制作中止は過去になく、NHKのドラマ制作の信用は確実に低下した」
    として賠償を求めている。

    撮入直前の制作中止は前代未聞の出来事だという。

    講談社広報室は「原作の改変が著者の意向に大きく反し、話し合いを続けたが合意に至らなかった。
    このような事態になり、大変残念」。
    一方、長澤ら出演者の周辺は当惑しきりで、関係者は
    「素晴らしい原作で、ドラマ化を楽しみにしていたが…。
    本人も含め制作が白紙になったことが大変ショックです」と話している。

    脚本は当初、原作と違い、確執のある母と娘を早い段階で実際に会わせるほか、
    母親が虐待を自覚していた手紙を娘が見つける場面をカット。
    このため、NHKと講談社の担当者間で修正に向けた話し合いが何度も続けられた。
    しかし、講談社は今年2月、「辻村氏が脚本に納得していない」として、
    クランクイン予定の当日にドラマ化許諾の撤回をNHKに伝えたというのが理由のようです。
    関連記事

    [ 2012年06月22日 08:25 ] カテゴリ:気になる人 | TB(1) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    まとめtyaiました【辻村深月 「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」のドラマが製作中止に】
    ミステリー作家、辻村深月(みづき)さん(32)の小説「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」(2009年出版)。辻村さんの出身地・山梨県を舞台に、母と娘の確執などを描いた作品で、直木賞候補にも選ばれている。長澤は娘役で主演するはずだったという。辻村 深月さん日本の?...
    [2012/06/22 23:42] まとめwoネタ速neo
    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。