記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  企業 >  4-メチルイミダゾールとは

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    4-メチルイミダゾールとは



    「NPO法人 食品と暮らしの安全」の協力団体CSPI(米)は、
    日本を含む世界各国のコカコーラには、発ガン性物質の
    4-メチルイミダゾール(4-MI)が含まれているという検査結果を発表した。


    4-メチルイミダゾールとは、カラメル着色、褐色を際出せるために用いる物質。
    4-メチルイミダゾールの規制が厳しいカリフォルニア州のコカコーラには、
    355mlあたり4マイクログラム含まれるのに対して、日本では72マイクログラム、
    ブラジルでは267マイクログラム(含有量が最多)が検出された。

    コカコーラの他、ダイエットコーラ、ペプシコーラ、ダイエットペプシでも
    4-メチルイミダゾールを化学解析で検出。
    CSPIは、硫化アンモニアカラメル着色をやめるよう要請していた(2011年2月) 。

    カリフォルニアでは対策済みとか?(コカコーラ、ペプシ社ともレシピ変更)。
    アメリカの業界団体は、ヒトでの発がん性の報告がなく、科学的証拠に基づく
    ものではないと反論しているようです。

    カリフォルニア州では、1日の4-メチルイミダゾール摂取量が30マイクログラム以上
    になると10万人に1人の確率で生涯のうちにガンにかかるという計算。
    CSPIは、世界中でカリフォルニアと同様に発ガン性物質レベルの低いカラメル色素
    を使うべきだと主張。

    実際には、日本などはアメリカほど炭酸飲料の消費量が高くないので、
    顕著な影響は出ておらず、むしろ大量の糖分を摂取しすぎることのほうが
    大きな健康リスクをもたらすと発表されている。
    諸外国のコーラは350ml前後のペットボトルで販売されているのに対し、
    日本では500mlで販売されていることが飲みすぎのリスクを高めるとして警告
    されている。
    「NPO法人食品と暮らしの安全」は、発ガン性物質の問題と大容量コカコーラの
    販売禁止に関して、近日中に日本コカコーラに申し入れを行う予定。

    関連記事

    [ 2012年07月06日 06:54 ] カテゴリ:企業 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。