記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  医療関連 >  アメリカで西ナイル熱が流行

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    アメリカで西ナイル熱が流行



    アメリカで流行の兆しがある西ナイル熱とは、
    蚊を媒介とするウイルス感染症。人は感染した蚊に刺されて感染する。
    約80%は無症状で発熱や下痢などの症状が出ることもある。
    脳炎を起こせば最悪の場合は死亡する。
    ウガンダの西ナイル地区で初めて確認され、アフリカや欧州、
    中東などでの流行例が報告されている。

    米国で西ナイル熱が猛威を振るっている。
    死者は40人を超えて過去最大の流行となる恐れが強く、
    米当局は厳重警戒を呼び掛けている。
    人から人には感染せず日本ではまだ流行していないが、
    米国など西ナイル熱の流行地域への渡航者などは、注意を払う必要がある。

    西ナイル熱による今年の全米の死者は41人に達した。
    感染例は38の州で1100件を超えており、1999年に米国で初めて
    感染が確認されて以来、年初から8月までとしては最多となった。
    半数が南部テキサス州に集中している。

    夏場に流行することが多い西ナイル熱について、米疾病対策センター(CDC)
    の医師は今年の猛烈な暑さが人への感染を助長している可能性を指摘した。
    医師は「発症し病院に行き、報告されるまでに2週間はかかり、感染例はもっと
    増えると予想する」と警戒を呼び掛けている。

    米国では2002年にも大流行しており、日本では厚生労働省が02年に
    感染症法に基づき、医師に症例の届け出を義務づける感染症に指定した。
    05年に米国から帰国した男性が国内初の感染者として確認されたが、
    国内で感染したとの報告はない。

    米国でもニューヨークで突然、大流行したことがあり、日本でも流行しない保証はない。
    厚労省は西ナイル熱や脳炎のような症状が出たら、医療機関を受診するよう呼び掛けている。
    関連記事

    [ 2012年08月27日 02:46 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。