記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  arduino >  arduino uno R3をubuntu 12.10で試す

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    arduino uno R3をubuntu 12.10で試す



    ubuntu12.10でarduino uno R3を試してみます。

    arduino unoは適当なケースに収容。

    arduinounoR3re.png

    Arduino IDEはソフトウェアセンターからインストール。
    現時点ではver1.0.1でした。

    Arduino IDEとArduino uno R3はUSBケーブルで接続。
    使用するシリアルポートはIDE側で/ttyACM0を自動で認識しました。

    dmesgで確認すると
    [41943.056040] usb 5-2: new full-speed USB device number 2 using uhci_hcd
    [41943.319070] usb 5-2: New USB device found, idVendor=2341, idProduct=0043
    [41943.319077] usb 5-2: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=220
    [41943.319083] usb 5-2: Manufacturer: Arduino (www.arduino.cc)
    [41943.319088] usb 5-2: SerialNumber: 752*****************
    [41943.979399] cdc_acm 5-2:1.0: ttyACM0: USB ACM device
    [41943.983285] usbcore: registered new interface driver cdc_acm
    [41943.983290] cdc_acm: USB Abstract Control Model driver for USB modems and ISDN adapters
    というログが確認できます。



    続いて、スケッチ(プログラミング)です。
    サンプルでよく使われているらしいLEDを点滅させるスケッチで動作を確認。

    //Blinking_LED
    const int LED =13; //LED A -> pin13
    void setup()
    {
    pinMode(LED,OUTPUT);
    }

    void loop()
    {
    digitalWrite(LED,HIGH);
    delay(1000);
    digitalWrite(LED,LOW);
    delay(1000);
    }

    入力が終われば、「スケッチ」→「検証・コンパイル」を実行。
    問題がなければ、「コンパイル終了。」というメッセージが表示。

    「ツール」のマイコンボードでArduino UNOが選択されていることを確認。
    「ファイル」から「マイコンボードに書き込む」を実行。

    LEDのアノードを13番PINへ、カソードをGNDへ差し込むとLEDが点滅している
    ことが確認できます。
    arduino LEDre


    関連記事

    [ 2013年03月17日 21:53 ] カテゴリ:arduino | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。