記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  arduino >  librecadでarduino uno R3の回路図を書いてみる

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    librecadでarduino uno R3の回路図を書いてみる



    librecadという2D CADソフトを試しました。
    オープンソースでWindows、Macでも使えます。
    LibreCADは、独RibbonSoftが、出資する「QCad」プロジェクトから派生したCADのようです。

    ubuntu12.10のソフトウェアセンターでインストールしたところ、
    librecadのバージョンは、1.0.2でした。

    arduinoの外観とATMEGA328Pまわりの回路図を書いてみました。
    atmega.png
    ar3.png

    使ってみた感想は
    ・スナップの処理が面倒。
    ・フォントが少ない。
    ・印刷設定が少ない。
    ・一括変換等ができない。
    ・マニュアルが少ないのが難点。

    マニュアルがあれば解消するかもしれませんが、使い辛い気がします。


    関連記事

    [ 2013年03月20日 21:55 ] カテゴリ:arduino | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。