FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  原子力発電所の安全管理

    原子力発電所の安全管理



    昨日、東京電力福島第1原子力発電所3号機の復旧にあたっていた作業員3人が
    被爆するという事故が発生しました。

    埼玉にある東京電力の協力会社は

    「放射性物質を含んだ水につからないよう足場を組んだり、ゴム製の長ズボンをはいて
    作業をするのが普通で、通常なら考えられない事故だ」
    と言っています。

    しかし、東京電力の説明では
    線量計のアラームが鳴ったにもかかわらず、3人は誤動作と判断して作業を続けたのが
    原因という説明をしています。

    問題点をすり替えているような気がします。

    完全な、監督不行届きで安全管理のずさんさが浮き彫りになりました。

    東京電力への不信感が強まる一方です。


    関連記事

    [ 2011年03月25日 08:37 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク