FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  医療関連 >  風邪薬について

    風邪薬について



    一般的な風邪薬について

    1.イソプロフェン
     熱をさげ、痛みを和らげる
     成人一日の摂取量は市販の薬で450mgが一般的

    2.クロルフェニラミンマイレン酸塩
     鼻水・くしゃみを和らげる

    3.dl-メチルエフェドリン塩酸塩
     せき・たんを和らげる

    4.ジヒドロコデインリン酸塩
     せきを和らげる

    5.無水カフェイン
     頭痛を和らげる


    ・鎮痛剤について
     代表的なもの
     -アスピリン(バファリンが有名)
     -ロキソプロフェンナトリウム(ロキソニンが有名)
     -イブプロフェン

     イブプロフェンは消炎・解熱・鎮痛作用がアスピリンの
     数倍~数十倍と言われている。

     ロキソプロフェンはイブプロフェンに対して鎮痛効果がさらに
     高いとされている。ジクロフェナク(ボルタレン)さらに効く
     とか??
     
     それぞれ副作用として胃に負担がかかる。
     イブプロフェンは胃の負担が少ないという特徴がある。
    関連記事

    [ 2011年01月04日 13:22 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク