FC2ブログ

    記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  東日本大震災 >  放射性ヨウ素と放射性セシウム

    放射性ヨウ素と放射性セシウム




    半減期について

    半減期とは一定の時間が経過すると物質の量、放射線の量が
    半分になる期間を表し、さらに同じ時間が経過すると半分に
    なり、時間の経過が長くなると限りなく0に近づくという
    流れになります。

    (例)
    放射性ヨウ素‐131       8.06日
    放射性ヨウ素‐133      20.8時間
    放射性セシウム‐137    30年
    放射性セシウム‐134     2年


    人体への影響について

    放射性ヨウ素はよく知られているとおり甲状腺癌を誘発します。
    これはヨウ素が摂取されると血液中から甲状腺に集まるという
    本来の流れに放射性ヨウ素が含まれることが原因のようです。
    ただし、甲状腺はヨウ素をある一定量以上、蓄えておくことが
    できないので、昆布や海藻などを摂取して放射性ヨウ素以外の
    ヨウ素で甲状腺を満たしておけば、放射性ヨウ素は排出される
    そうです。
    得に、妊婦や15歳以下のこどもの場合には安定ヨウ素剤を飲む
    のが効果的だと言われています。

    放射性セシウムについて
    セシウム137は30年の半減期でベータ壊変(崩壊)するそうです。
    壊変後にはバリウムが生じて非常に短い半減期を経て、ガンマ線を放出し
    て安定なバリウム137になるそうです。
    問題はセシウムの方がヨウ素よりも体内に入りやすく、長期に渡り
    放射線を出すことです。
    遺伝子までもが損傷し、ガンを誘発するそうです。
    人体に入っても200日程度で排出されるそうですが、現在、予防対策は
    無いらしく医師による早期検診と治療が必要のようです。
    関連記事

    [ 2011年03月25日 21:57 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(2)
    15歳以下という基準についての
    説明が書かれていないようですが
    [ 2011/03/26 10:51 ] [ 編集 ]
    Re: タイトルなし
    > 15歳以下という基準についての
    > 説明が書かれていないようですが

    すみません・・・
    どこかの記事か報道で知った情報になります。

    おそらく推測ですが、
    成人と同じぐらいの体格になる年齢というのが統計的に15歳
    が多いのではないかと。もちろん個人差はあると思います。

    下記のURLに成人の甲状腺の大きさについてかかれている文章があります。
    http://www.iryokagaku.co.jp/frame/03-honwosagasu/385/385_196-199.pdf

    また、代謝等の関係もあると思いますが、詳しいことは分かりません。。。

    申し訳ないです。
    [ 2011/03/27 08:02 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク