記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  >  スポンサー広告 >  東日本大震災 >  マリンピア松島水族館でペンギンの赤ちゃん

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    マリンピア松島水族館でペンギンの赤ちゃん



    明るいニュースです。ケープペンギンの赤ちゃんがマリンピア松島で生まれたそうです。

    私も、飼育員が願うように「復興の象徴」になってもらいたいと思います。

    どんな名前がつくのか今から楽しみです。


    スポーツ報知のニュースより転載

    津波で動物を失いながら、20日に再開する「マリンピア松島水族館」(宮城県松島町)で、
    ペンギンの赤ちゃんが誕生した。

    2日夕方、飼育員が卵の様子を見に行くと、体長10センチほどのケープペンギンの赤ちゃんが、
    卵の下でうずくまっていた。「よく頑張った。復興の象徴になってほしい」と喜びに沸いた。

    同館は国内で最も歴史のある民営水族館の一つで、85年にマンボウの長期飼育で当時の世界記録を樹立。
    89年にはイロワケイルカの繁殖に日本で初めて成功した。

    だが震災による津波で水を循環させるポンプが故障。飼育員がポンプを組み立て直すなどしたが、
    水質が悪化し温度調整もできずマンボウやコマッコウクジラが死んだ。震災後、歩き方が変わった動物や、
    おりに寄りかかって怖がるアシカも見かけるという。

     今も近くの沼から淡水をくんだり、水槽の水を鍋で沸かして戻すなどして、
    復旧作業は急ピッチ。20日から、被災者の笑顔を取り戻そうとがんばっている。
    関連記事

    [ 2011年04月06日 04:45 ] カテゴリ:東日本大震災 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。