記録帳

    気になることを記録
    記録帳 TOP  > 

    スポンサーサイト



    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ヘリウムガスを充填したシールドストレージ



    HDDの新しいプラットフォーム。

    特徴は、
    ヘリウムの気体密度は空気の約7分の1とされる。
    気体密度が低いので、HDD内部で円板を回転させるための消費電力を大幅に低減できる。
    動作中のHDD内部のヘッドや円板に与える気体の流体力を低減するため、機構系設計の自由度
    も高めることができ、1台のHDDにより多くの円板枚数を搭載することが可能。
    通常の 空気より低い流体力と高い熱伝導性を有するため、HDDの静音性と動作温度の低減にも利点がある。







    [ 2013年06月06日 05:57 ] カテゴリ:工学 | TB(0) | CM(0)

    SPARC Enterpriseの価格




    日本オラクルが、RISCプロセッサ「SPARC T5」を搭載するUNIXサーバの「SPARC T5」シリーズと
    「SPARC M5」を搭載する「SPARC M5-32」の国内での提供を開始。

    搭載するコアの数は、SPARC T4の2倍で16個。
    SPARC T5のプロセッサ間リンクは7本、
    8ソケットのプロセッサを直結できる構成。
    この仕組みで遅延を低く抑えることができる。

    価格は税別で
    SPARC T5-1B : 273万6091円~
    SPARC T5-2 : 583万552円~
    SPARC T5-4 : 1604万8592円~
    SPARC T5-8 : 2912万7074円~
    SPARC T5-32 : 6593万7553円~

    SPARC T5プロセッサの性能としては、
    「システムの性能向上としては、『SPARC T4』に比べて、5倍のメモリ帯域、
    4倍のI/O帯域、2倍のメモリ容量、5倍のアプリケーション性能を実現しており、
    オラクルのデータベースやミドルウェア、業務アプリケーションを高速に実行し、
    価値を最大化できる。そして、これまでに17のベンチマークで世界記録を樹立している」
    (デイビッド・ローラー氏)







    SPARKの情報についてはこちら


    [ 2013年04月17日 10:54 ] カテゴリ:工学 | TB(0) | CM(0)

    新型出生前診断病院一覧



    4月1日から新型の出生前診断が開始されます。
    現在、17の医療機関が準備中。
    準備が整い次第、スタートさせる予定。

    以下、新型出生前診断対応病院一覧
    北海道大(4/2)
    岩手医大
    宮城県立こども病院
    新潟大
    国立成育医療研究センター(東京)
    昭和大(4/1)
    東京女子医大
    埼玉医大
    横浜市立大
    名古屋市立大
    藤田保健衛生大(愛知)
    大阪大
    兵庫医大
    愛媛大
    徳島大
    国立病院機構九州医療センター(福岡)
    長崎大

    妊婦の血液で胎児のダウン症などの染色体異常がわかる。
    十分な情報や知識がないまま、人工中絶につながらないよう、
    染色体異常や検査について説明、相談にのる遺伝相談を充実させ、
    慎重に進めることにしている。

    検査の対象は出産時に35歳以上の高齢妊娠。
    超音波検査などで胎児に染色体異常が疑われる妊婦。
    費用は約20万円。
    昭和大は、妊婦健診をしている医療施設から紹介があった場合に限って受け付ける。
    個人からの直接の予約は受け付けない。

    認定施設名は日本医学会のホームページで公表される。
    母体血を用いた出生前遺伝学的検査の実施に関する規則







    [ 2013年03月31日 14:08 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)

    BREVA GENEVEのGénie 01



    15万ドルの腕時計で話題になっている。BREVA GENEVEのGénie 01

    その特徴は機械式腕時計。
    登載したムーブメントの働きで、標高、温度を計測。
    しかも天気予報も可能のようです。
    BrevaGenie01watch.jpg

    色はホワイトとローズゴールド。

    気圧に反応するガス充填式のチェンバーを搭載
    。これを利用し、雨を予測することも可能になっている。
    メインスプリングの状態を示すパワーインジケーターも備えている点では
    メンテナンスも考慮されている。
    時分秒を読み取れる。

    部品は全部で405個。
    すべて手作業で組み上げる。

    生産台数は110台限定。

    創業者はVincent Dupontreué。
    読み方は分かりません。。。
    ヴィンセント ○○・・・
    1977年パリ生まれ。
    若いころから起業家精神を持ち合わせていたそうです。
    22歳でファッションブランドを立ち上げた経歴があります。
    2010年から研究を重ね、3年後にBREVA GENEVEのGénie 01を世に送り出した。





    [ 2013年03月23日 21:31 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(0)

    インフラマソームとは



    大阪大学(免疫学)の審良静男教授らの研究グループが痛風やじん肺を発症する
    メカニズムを細胞レベルで解明。


    痛風は過剰な栄養摂取によって、分解できない尿酸が体内に蓄積して結晶化し、
    じん肺は土ぼこりなどに含まれるケイ素の結晶を大量に吸い込んだりして発症する。
    しかし、詳細な仕組みは不明でした。

    研究グループは、マウスの細胞に尿酸やケイ素の結晶を取り込ませ、内部の変化を詳細に調査。

    鋭くとがった結晶が細胞内の構造を破壊すると、これが刺激となって多数のたんぱく質が細胞内の
    1か所に集中し、炎症の連鎖反応を起こす「インフラマソーム」という複合体ができる。
    このインフラマソームが強い症状につながることを突き止めた。
    さらに従来の痛風の薬にはインフラマソームをできにくくする作用があることも確認。

    中皮腫や動脈硬化も、ほぼ同じ仕組みで発症すると考えられ、幅広い病気の治療法開発に役立つことが期待される。




    インフラマソームとは、細胞質に存在するタンパク質の複合体。
    炎症に際して活性化され、主にはIL-1βやIL-18の分泌を引き起こさせる細胞内のシ
    グナロソームとして知られる。
    インフラマソームはPAMPsやDAMPsを含む炎症誘導性刺激を認識するタンパク質と、
    アダプタータンパク質ASC、およびカスパーゼ-1からなる。
    インフラマソームの活性化はカスパーゼ-1を活性化させ、カスパーゼ-1はpro-IL-1βやpro-IL-18を切断し、
    その分泌を引き起こさせそれらによる炎症誘導を可能にする。
    インフラマソームの名称は‘inflammation’とギリシャ語で「体「を表す‘soma’に由来。
    2002年にインフラマソームの概念がスイスのTschoppのグループから提唱された。
    この概念は免疫学に対して強いインパクトを与え、免疫の分野ではIL-1βとIL-18前駆体の切断酵素は
    インターロイキン変換酵素と呼ばれ,非常に有名な酵素であった。
    インターロイキン変換酵素は長い間その活性化調節機構は不明でしたが、インフラマソームの概念によって
    その謎解きの糸口が示された。
    現在ではインターロイキン変換酵素という名称は廃れ,カスパーゼ-1(caspase-1)という呼び方が一般化
    している。




    [ 2013年03月23日 06:35 ] カテゴリ:医療関連 | TB(0) | CM(0)
    スポンサーリンク
    記事情報
    スポンサーリンク2

    全記事表示リンク
    Tree-CATEGORY
    カウンター
    ad3
    スポンサードリンク


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。